So-net無料ブログ作成
検索選択

<若年認知症>全国組織が発足 家族会など23団体が参加(毎日新聞)

 若年認知症患者の家族らによる初の全国組織「全国若年認知症の家族会・支援者連絡協議会」が23日、東京都内で発足した。家族会や支援組織など23団体が参加した。

 厚生労働省によると、18〜64歳の若年認知症患者は推計3万7800人。働き盛りや子育て世代で発症し、失職に追い込まれ、住宅ローンを払えず自己破産に至るケースもある。経済面など家族への影響が大きいが、支援は乏しい。宮永和夫会長(新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院長)は「本人や家族が安心して暮らせる施策の充実などを求めていきたい」と話す。

 問い合わせは事務局のNPO法人・若年認知症サポートセンター(メールsupportcenter@star2003.jp、ファクス03・5368・1956)。

<天気>九州で大雨 24日は近畿や東日本にも(毎日新聞)
<ルフトハンザ>世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ(毎日新聞)
JR西日本 試運転の新型車両から部品落下(毎日新聞)
「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)

防衛省キャリア技官採用試験、出題ミス3問(読売新聞)

 防衛省は14日、キャリア技官を採用する今年度の職員採用1種試験の1次試験(今月9日)で、計3問の出題ミスがあったと発表した。

 「化学」と「機械」の2コースの共通問題のうち、積分などの計3問で、選択肢の中に正解がなかった。

 計117人が受験したが、同省は、来月の合格発表の際、不平等が生じないような措置を講じるとしている。職員がネット上の掲示板で出題ミスを指摘する書き込みを発見したという。

パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
<ヒラドツツジ>ピンクの海に浮かぶ天守閣−−長浜城(毎日新聞)
徳之島、滑走路にも難点…幅不足を米指摘(読売新聞)
赤旗配布 元厚労省職員2審も有罪 東京高裁「罰則は合憲」(産経新聞)
<詐欺未遂>容疑で中学教師逮捕 他人の運転免許証不正使用(毎日新聞)

谷亮子さん 参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。